ドップラーセンサーとゴルフや遮蔽物・車のセンサー感度等を調べてみました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトではマイクロ波センサーやドップラーセンサーの記事を幾つか書いていますが、いずれも好評を頂いております。

一見、ドップラーセンサーやマイクロセンサーと言えば大変難しいものだと思いますが、実は我々の日常生活にも、それらの技術は活かされているのではないでしょうか。

普段はあまり気にかけることのないドップラーセンサーですが、

本稿では少し深掘りして焦点を当てて解説してみたいと思います。

ドップラーセンサーの特徴とは

特長と特徴では意味が異なりますが、まずはドップラーセンサーの特徴についてご説明しましょう。

ドップラーセンサーとはマイクロ波のドップラー効果というものを利用した技術であり、反射式の移動物体検出器を指すこともあります。

意外にもドップラーセンサーを開発している企業は多く、自社設計・製造によるものが各社から様々なものが出ているようです。

例えば医療の分野ではドップラー効果で体表面の振動を検出したり、24.125GHzのマイクロ波を用いることで、人間の心肺の動きで体の表面が微細に振動する様子を検知。

そうすることで体表面の振動の様子から、心拍数を割り出したりもできるのだそうです。

ドップラーセンサーの使用例について

もともとドップラーセンサーとは1940年ごろに開発されたセンサーらしく、戦場において障害物の先で動き回る敵の兵士を発見する為に開発されたセンサーなのだそうです。

現在では医療の分野や安全面、すなわちセキュリティ分野で見守りシステムに使用したり、ドップラー効果による周波数の変移を観測することで、光学センサーの開発に使用したりする製品もあるのだそうです。

ドップラーセンサーと車について

意外かもしれませんが、ドップラーセンサーはレーダー式速度違反取り締まり機と同じ原理なのかもしれません。

人や自動車といった移動体をセンサーによって検出するのですから、車の左右・後方に不審な人影があった場合に検知するといったセキュリティ面、ドライブレコーダーを防犯カメラとして車分野にも応用が効いたりと、使用例は本当に様々。

接近車両の検知や、任意の設定速度を超える車両や逆走車両の検知も可能と、ドップラーセンサーの使用例には枚挙にいとまがないですね。

ドップラーセンサーとゴルフ

ドップラーセンサーは上記に述べた以外にも、娯楽の分野でも活用されています。

例えば個人のゴルフ練習用、フィッティングやレッスンでの商業用にと、レーダーセンサーでゴルフボールを追尾するタイプの「ドップラーセンサー」を用いることで、こうした分野でも幅広く使用されています。

また、ゴルフ用品・ゴルフクラブの管理のみならず、ゴルフ場のラウンド日記としての使用例もあるようです。

これはどういうことかといいますと、ドップラーセンサーで移動する物体の周波数を測定することで、移動する物体の周波数を比較したり、ゴルフのショットの弾道解析などもドップラーレーダー活用することで行えるようです。

ドップラーセンサ特長まとめ

先程も述べましたが、屋内ゴルフ施設での弾道解析や弾道を計測する最新のレーダー技術といった、ドップラーセンサーを用いた技術はどんどん進化しています。

計測に使うドップラーレーダーを2つ搭載することで、ゴルフ専用空間がどんどんと進化し、弾道再現性(レッスン目的・エンターテイメント目的)でのレーダー技術も日々高まってきているようです。

もともとは軍事用に使用されていたドップラーレーダーですが、現在では移動体検知センサーとして様々な分野に活用されています。

以上がドップラーセンサーの特長まとめです。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


スポンサードリンク

2019年5月
« 4月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

スポンサードリンク

ページ上部へ戻る